> >

おじさま世代必見!白髪になった髭をケア可能な脱毛法は



年齢を増せば増す程、渋みが増して、独特の色気がでてくるのは、男性の特権です。
40代後半になってもまだまだ自分は現役、と考えている方もいることでしょう。

そうはいっても、隠しきれない髭の白髪。
おじさま世代必見!白髪になった髭をケア可能な脱毛法は
「染めるのが難しいなら、いっそのこと永久脱毛をしようか」、と考えるのは十分論理的な思考です。

40歳を過ぎて白髪になった髭の脱毛を考えているあなたのために、おすすめの脱毛法と施術メニューを選ぶときの注意点について紹介します。

男を捨てずに外見を磨き続けることができるおじ様、20代後半の私から見ても非常に魅力を感じます。

是非とも、自分の姿と真っ正面から向き合い外観を磨き続けることで、生涯現役を貫いて頂ければと思います。


白髪を脱毛したい貴方におすすめの施術メニューとは

男性の脱毛で候補にあがってくるのは、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛と大きく分けて3種類です。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応、ダメージを与えて毛根の破壊を目指す処理方法。

白髪になった髭はメラニン色素が現象しているため、効果的とは言えません。

その点、ニードル脱毛は1本1本の毛に対して直径0.1mm程度の針を差し、電気を通して毛根を破壊する方法。

針を通す作業は、手作業になるので、白髪であっても十分満足のいく結果が得られる可能性が高いと言えます。

処理の際の痛みが強いのが難点ではありますが、高い脱毛効果と、想い通りの形に髭を処理することができるメリットも。

おじさま世代の白髪脱毛は、ニードル(電気)脱毛一択と、認識頂ければと思います。


ニードル脱毛施設を選ぶときの注意点とポイント

脱毛マシンをあてていけば処理できるフラッシュ脱毛、レーザー脱毛と違い、ニードル脱毛はスタッフの技術力で仕上がりに差がつきます。

安心して施術を受けるためには、熟練のスタッフが在籍している店舗を選ぶことが何より重要。

男性、女性では毛質が異なるので、必ず男性への施術実績数を確認し、担当者が経験豊富なスタッフかどうか、見極めるようにしてください。

白髪まじりの髭がなくなるだけで、マイナス15歳も夢ではなくなります。

「脱毛は若い男の子と女性が行く所」、そんな固定観念を捨てて、憧れのダンディズムの世界へと足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.