> >

ヒゲに効果的なヤグレーザー



レーザー脱毛に使う機械には「アレキサンドライトレーザー」、「ダイオードレーザー」、「ヤグレーザー」の3つの種類があります。
ヒゲに効果的なヤグレーザー
ここでは脱毛の知識を深めるためにそれぞれの機能と特徴についてご紹介します。

レーザー脱毛を考えている人はぜひ知識として頭の片隅に入れておくとよいと思います。
レーザー脱毛は毛のメラニン(黒い色)に反応し、熱によって焼いていく脱毛方法です。
それぞれの機械の違いは平たく言うと光の「波長の長さ」の違いになります。

波長の長さは「メラニンへの反応の強さ 」「熱がどこまで届くか(深さ) 」に関わってきます。

メラニンへの反応の強さ

アレキサンドライトレーザー > ダイオードレーザー > ヤグレーザー の順番になります。

アレキサンドライトレーザーが1番強くメラニンに反応します。

これはシミの治療などにも使われるレーザーです。

熱がどこまで届くか(深さ)

ヤグレーザー > ダイオードレーザー > アレキサンドライトレーザー になります。

1番深くまで熱を届けるのはヤグレーザーです。こちらはリフトアップの治療などにも使われています。


脱毛に1番有効なのは「アレキサンドライトレーザー」

上記の理由から、脱毛に1番効果を発揮するのはアレキサンドライトレーザー、ということになります。

実際に脱毛サロンで使われているのもこちらが多いです。

ではヤグレーザーを使っているサロンだと効果が出にくいのか、というとそんなことはありません。

サロンではそれぞれレーザーの特長を活かした活用がされています。

ヤグレーザーが有効となる場面は肌の色が濃い人の脱毛や、乳輪や肛門などの色素が濃い箇所の脱毛です。

メラニンに対する反応が3つの中で1番緩やかなため、こういった箇所に使用されるんですね。


男性のヒゲに効果的なヤグレーザー

また、ヤグレーザーは男性のヒゲ脱毛にも多く使われます。

ヒゲのように毛根が皮膚に埋まっていて根深い場合には肌の深くまで熱を届けることが必要になります。

ヤグレーザーの特徴はヒゲの脱毛にもってこいと言えます。

ひとくちに脱毛といっても毛の質はカラダの生えている部分によって大きく異なります。
サロンではそれぞれの毛質にあわせた施術が行われているんです。

こういった背景から、脱毛サロンに行った時はカウンセリングが重要になるということが分かりますね。

施術前に分からないことがあったら曖昧にせず、サロンスタッフに積極的に聞いてみるとよいでしょう。

しっかりカウンセリングを受けて安心・安全で効果的な脱毛を行ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.