> >

ヒゲのコンプレックス克服の為にメンズエステデビュー



20歳くらいから、ヒゲが濃くなってしまい、ずっと自分のコンプレックスでした。
ヒゲのコンプレックス克服の為にメンズエステデビュー
良いひげ剃りを買っても、剃り残しはなくても青みは残ってしまい、毛抜きをすれば、多少は見栄えよくなりますが、毎日満足行くほど処理する時間は当然ありませんし、毛抜きする場合は多少伸びてないのでできないので仕事続きだとできないし、休日も本気で毛抜きしてほぼ一日費やしてしまった事もあります。

肌は乾燥肌であまり強くなく、冬場は剛毛なのでひげ剃り負けもしょっちゅうしていました。

ですが、ヒゲに対する悩みは、処理に対する時間などではなく、ヒゲに対するコンプレックスです。


ちゃんとヒゲを剃っていても「ヒゲ剃ってきたのか?」

毎朝ヒゲを剃っていても、ヒゲ剃ってきたのか?と言われる事や、ヒゲの濃い事をネタにして扱われるのは、表面向きはうまく流してるつもりでも、結構傷つきます。

だんだん陰口でもヒゲが濃い事を言われているのではないか?などとおもってしまい、自分に自信をなくしていきました。

ひげ剃りや、ジェルや脱毛クリーム・家庭用のレーザー脱毛など色々なものを試しましたが、効果を実感できるものはほとんどなく、処理でなんとかする事に限界を感じ、脱毛サロンに行くか検討するようになりました。

脱毛サロンというのは、敷居も高く感じ、値段も決して安価ではないので行くのには抵抗も感じ、結局脱毛サロンに行こうかと最初に思った時から実際にいくまで1年ほどかかってしまいました。


不安にさせる脱毛サロンの口コミがたくさん

私はレーザー脱毛の脱毛サロンを結果的に利用」したのですが、痛い・施術後に焦げて太くなったヒゲが出てくる。晴れ上がる。効果が少ないなどの不安にさせる口コミもたくさんありました。

ですが結局は、日常的なコンプレックスやストレス。
処理に対する時間などを改善しないと何も先には進まないし、少しでも根本的な脱毛できる可能性があるのであれば行動を起こさないとダメだと思い、脱毛サロンに行くことを覚悟しました。


脱毛サロンに行きました

最初に脱毛サロンに行った感想としては予想通り痛かったです。ですが、思ってたほどではないというか、普段から抱えているヒゲのコンプレックスの痛みを考えれば充分に耐えられる範囲でした。

脱毛サロンでレーザー照射されて1週間ほどたつと、口コミだあったとおり、焦げて太くなった毛が表面に出てきて多少醜い事になり、会社の上司からは、なんでヒゲを添ってこないと怒られましたが、正直に脱毛サロンに行ったと言ったら許してくれました。

その後、レーザー照射した毛は一度全て抜け落ち、周りからは赤ちゃんみたいになった。俺も行きたいなどと効果に賛同してもらい、少しすると、私のヒゲは濃いというイメージはすっかり周りからは消えたと実感できました。


私の人生は脱毛サロンで変わった

その後も定期的に脱毛サロンに通う事で、完全に全て脱毛とまでは行きませんが、昔の私を知らない人からは、ヒゲ薄いですね。と言われるくらいになりました。

私の人生は脱毛サロンで変わったといっても過言ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.