> >

ヒゲ脱毛。範囲と毛量が脱毛にかかる回数を算出するポイント



ヒゲの脱毛はボディ脱毛とは違い、大変デリケートで終了までにかかる時間も人それぞれ。なぜ個人差が生まれてしまうのでしょうか?
ヒゲ脱毛。範囲と毛量が脱毛にかかる回数を算出するポイント


ヒゲの毛周期

「休止期・退行期・成長期」これが体毛が生まれてから抜け落ちる間に辿る道のりで、毛周期と呼ばれるものです。

脱毛は、レーザー脱毛でも光脱毛でも成長期のムダ毛に施すことで効果が生まれると言われています。

顔の毛周期は約2ヶ月。
脱毛サロンで「2ヶ月に1度来店して下さい」「次は3ヶ月後に来店して下さい」と言われるのはそのためです。


毛周期と脱毛サロン通いのバランス

脱毛サロンによって来店のペースは1ヶ月以上差があります。
中には、2週間に1回ペースで照射することを推奨する脱毛サロンもあります。

わたしたち利用者としては、最も効率良く費用を抑えた通い方をしたいものですが、どのくらいのペースで通うべきなのでしょうか?

毛周期はあくまでも平均でしかありませんので、来店ペースはお店が推奨する期間を守るのがベストと言えますが、毛周期を無視した頻繁な来店を強要されるようでしたら、来店ペースを自分で見直すことも必要です。

ただ、わたしの脱毛経験上、無茶なペースを強いるお店はありませんでした。大体の脱毛サロンが脱毛スタート時と脱毛終了間際で、来店頻度を調節してくれました。

脱毛を始めて数回目までは、2~3ヶ月に1度予約を入れることを推奨され、後半は3ヶ月~4ヶ月に1度の来店をすすめられました。

脱毛後半は、毛周期を考慮しつつも照射残しが無いようにムダ毛が生え揃ってから脱毛処理をしましょうというお店側の配慮です。


ヒゲ脱毛の個人差

ヒゲ脱毛における個人差は、「脱毛したいヒゲの範囲」と「脱毛したいヒゲの量」によって生まれます。

面積が広くても脱毛したい毛量が少ない人は少ない回数で満足できる効果を得ることができますし、範囲が狭くても毛量が多い人は照射回数が多くなります。

脱毛が完了するまでにかかる回数と期間は人それぞれですが、4回の脱毛で毛量が減ってきたことを実感できると言われています。

逆に考えると、4回の処理で全てのヒゲを脱毛するのは難しいということ。

ヒゲのように1~2本残っているだけでも目立つ部位は満足できるまで回数を重ねたいところですが、当然多く通えば通うほど費用がかかってしまいます。


ヒゲ脱毛にかかる回数はプロが提示してくれる

6回コースよりも12回コースの方が単価的には低いですが、最初から回数が多いコースを組んでしまうと、無駄になる可能性もありますし、お店との相性など数回通ってから気づくこともあります。

無駄なく満足のいく脱毛を実現するためにも、脱毛のプロであるエステティシャンに相談して、最低限必要な回数を提示してもらいましょう。

複数の脱毛サロンの無料カウンセリングサービスを訪ね、自分のヒゲ脱毛にかかりそうな平均値を出すという方法もアリです。

脱毛期間も経済的にも無駄のない方法を見つけてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.