> >

ヒゲ脱毛は痛い?痛みを和らげるクリニックの麻酔技術



毎日、毎朝、ひげ剃りをしているメンズ、女性の私から見ても「男もなかなか大変ね」と思います。
ヒゲ脱毛は痛い?痛みを和らげるクリニックの麻酔技術
剃り忘れて、青い顎のままデートに行ったとしたらもう大変。

夜景が見えるレストランを予約して、シックなバーもチェック済、ファッションは奮発して購入した老舗ブランド。

「今夜が勝負」と意気込んでいる時に、ヒゲが目立つと、彼女が不機嫌になったら、立ち直れません。

そんな悩めるメンズの救世主がヒゲの永久脱毛なのですが、痛みが気になって、なかなか問い合わせに踏み切れない方も多いでしょう。

今回は、ヒゲの永久脱毛は痛いの?という疑問にお答えしつつ、痛みを和らげる麻酔を使った施術を紹介します。

ヒゲに悩まされることがない爽快な毎日、あなたもスタートしてみてはいかがでしょうか。


レーザー脱毛をしたい!ヒゲの永久脱毛は痛い?

きれいごと抜きでお応えすると、ヒゲにレーザー光を照射する時には、それなりの痛みが伴います。

「輪ゴムではじかれた時くらいの痛み」、クリニックの広告ではそう表現されること多いのですが、実際は歯を食いしばるレベルの痛みを感じる方も多々います。

処理の時の痛みは、体毛の濃さ、太さに比例するため、もともとヒゲが薄いという方だと「思ったより痛くない」と感じるようですが、ごく稀なケースだと思います。


脱毛時の痛みを緩和するクリニックの麻酔技術

脱毛時の痛みが強い、クリニックも本当はそれを知っています。
だから、一部のクリニックでは、麻酔を使用可能、ヒゲ脱毛に使われる代表的な麻酔は、以下3種類です。


その1 麻酔クリーム

麻酔効果のあるクリームをお肌の表面に散布して痛みを緩和します。
クリニックによっては、シールタイプの麻酔を使用することも。
表面麻酔故に、効果をほとんど感じない方がいるようですが、「麻酔を塗っているから大丈夫」「麻酔を塗っているから痛い訳ないよね」、そう思っていると、本来の機能以上に痛みが軽減されたように感じることがあるものです。

一種の「プラシーボ効果」を得られると考えるといいでしょう。


その2 局部麻酔注射

ヒゲが濃い方だと、お顔の深い部分まで麻酔をいれる必要があります。
その場合は、注射で麻酔をする方法が検討されますが、お顔に注射をすること自体、痛みを感じるのが難点です。
また照射の範囲によっては、数回の注射に耐える必要がある場合も。
注射の痛みとレーザー照射の痛み、どちらが苦痛か、比較した上で、検討することをおすすめします。


その3 笑気ガス(笑気麻酔)

歯医者さんでも使用されている、鼻にマスクをつけて吸い込むタイプの麻酔です。
マスクをつけている時だけ効果を発揮するタイプの方法なので、外せばすぐに頭がすっきりするのが最大のメリット。
痛みを取り除くだけでなく、不安感を軽減する効果も期待できます。



どの方法でも、麻酔をお願いする場合は、1000円〜3000円程度、追加費用が発生します。
多少の出費になるとは言え、苦痛に耐えられずに、ヒゲ脱毛を断念してしまうよりは、ずっと賢い選択かと思います。

無理しても自分がつらくなるだけ。

照射中に「こんなに痛いと続かないかも」、そう感じた時点で、次回からは麻酔を使用してもらうことはできないか?クリニックに相談してみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.