> >

ヒゲ脱毛は適度に残すことも可能。好みのデザインにもできる



ヒゲの脱毛と言うと「ツルツルになると困るなぁ」と考える方もいらっしゃると思います。でも安心してください。一言で脱毛と言ってもバリエーションがあり、受ける方それぞれの希望に沿った形で行うことができるんです。
ヒゲ脱毛は適度に残すことも可能。好みのデザインにもできる


ヒゲ脱毛をするとこんな希望が叶う!

ヒゲ脱毛の希望例としては、次のようなものが挙げられます。

・手入れそのものが必要にならないツルツルの肌になりたい
・間引きしてヒゲの量自体を減らしたい
・伸びる周期を長くして1日に何度もヒゲを剃らなくて済むようにしたい
・まばらに生えている部分を脱毛して清潔感のある肌になりたい
・部分的に永久脱毛を行い、好みのデザインにしたい

いかがでしょうか。脱毛という言葉からイメージされるものより、格段に自由度が高いと思いませんか?

同じ顔の脱毛であってもツルツルすべすべを目指すのが女性の脱毛であるなら、必要な部分をいかに残すかというのが男性のヒゲ脱毛の特徴的なところだと言えそうです。

また、一旦ツルツルの状態になっても、将来的にはまた生えてきて欲しいという方がいるのもヒゲ脱毛ならではというところかもしれませんね。


永久脱毛を受けるとヒゲが全く生えなくなる?

永久脱毛を受けたらその後ヒゲが一切生えなくなるのか、という点については大いに気になるところでしょう。
これに関しては、「個人差はあるけれど、必ずしも一切生えなくなるとはいえない」というのが実際のところです。

そもそも永久脱毛は「脱毛終了から1か月後に、毛の再生率が20%以下である」ものを指すので、一生毛が生えて来なくなるのを保証するものではないのです。


脱毛方法によって異なるヒゲの再生率

脱毛の方法には主にニードル(針)脱毛、医療レーザー脱毛、フラッシュ(光)脱毛の3つの種類があります。
このうち、レーザー脱毛は医療機関でしか行うことができない方法で、脱毛サロンで一般的に行われているものはフラッシュ脱毛ということになります。
これらの3種類のうちのどの方法を選択するかで、毛の再生率は異なっています。

ニードル脱毛や医療レーザーによる脱毛は永久脱毛の範囲に入り、特にニードル脱毛はかなりの確率で毛が再生されない状態にまで脱毛することが可能です。
が、脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛の場合には、かなり生えにくくはなるけれど、あくまでも減毛という扱いになります。

このうちのニードル脱毛に関しては、かなりの痛みがあることから敬遠する方が少なくありません。
逆に永久脱毛とはいえないけれど、十分な効果が得られ、痛みが少なく、さらには比較的安価で受けられるフラッシュ脱毛が現在の人気の中心となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.