> >

医療機関で受けるヒゲ脱毛のメリットは?



ヒゲを脱毛したいけど医療脱毛とサロン脱毛は一体どっちがいいの?と思っている男性は少なくないことでしょう。
医療機関で受けるヒゲ脱毛のメリットは?
脱毛慣れした女性ならば、脱毛に関して大きの知識を持ち合わせているでしょうが、美容に無頓着な男性に同じようなことを求めるのは土台無理な話かもしれません。

それではそんな男性に脱毛についての知識を持ってもらうためにも、医療機関で受けるヒゲ脱毛のメリットを説明していくことにしましょう。


永久脱毛効果が得られる

医療機関で行われる脱毛は永久脱毛です。

医療機関では毛根部分の細胞や毛乳頭を完全に破壊するほどの威力がある医療用レーザー脱毛機器が使用できるので、二度と毛が再生してこない永久脱毛効果が得られます。

レーザー脱毛器を使った脱毛は、毛のメラニンにだけ反応する特殊なレーザーを使って、その熱で細胞や毛乳頭を完全に破壊する仕組みとなっています。

肌全体に熱を与えるわけではないので、施術中にやけどを負うなどの事故は起こりにくいというわけです。

しかし、肌に熱を加えることに違いはないので、その発生率が完全にゼロというわけではありません。

ですから人体に危険を伴う施術とされて、永久脱毛効果が得られるような威力のあるレーザーをし使う脱毛は医療行為に指定されているのです。

威力が高いレーザー脱毛には、もう1つ大きなメリットがあります。

それは施術期間が短いという点です。

威力が強いので大きな脱毛効果が得られるので、脱毛サロンと比べると脱毛完了までの大きな期間短縮が可能です。


安全な施術が受けられる

先ほども申しましたが、レーザー脱毛は基本的には安全な施術方法ですが、完全に事故が起こらないと言い切ることはできません。

中にはやけどを引き起こすことも考えられますし、顔という大事なところを施術しているわけですから、もし仮にやけどを引き起こしたならば早急な手当が必要となってきます。

そこで安心できるのが医療脱毛というわけです。

なにせ周りには治療のプロが常駐しており、治療に必要な道具も揃っているわけですから、迅速な手当を受けることができます。

これが脱毛サロンでの事故ならば、救急車を呼んで、病院へ搬送されるまでの時間が必要ですし、医師がいないために緊急措置を施すこともできません。

施術中の事故はないに越したことはないのですが、もしものことを考えれば、これは大きなメリットと言えるでしょう。


麻酔が受けられる

ヒゲ脱毛は痛いことで知られています。

脱毛を受けた人の中には、この痛みに耐えられずに断念したというケースも少なくないのです。

しかし、医療脱毛ならその痛みを耐える必要はありません。

痛みがひどい場合は麻酔を打ってもらうことができるので、苦しむことなく施術を受けることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.