> >

某クリニックでの1回目のヒゲ脱毛の施術後【体験談】



レーザー脱毛の痛みに何とか耐えながら、ようやく1回目のヒゲ脱毛の施術が終わって開放されると冷や汗でびっしょりでした。
某クリニックでの1回目のヒゲ脱毛の施術後【体験談】

ひたすら我慢し続ける数十分で、とにかく早く終わってくれと祈るような気持ちでした。
注射の痛みも嫌いですが、注射の場合は痛みは一瞬ですしせいぜい数秒のことです。

しかしレーザー脱毛は数十分間続くわけですからたまったものではありません。

麻酔は保険の対象外

補足をしておくと、レーザー脱毛の痛みに耐えられない場合麻酔をすることもできます。
ただし、一般的な手術や治療の際の麻酔と異なり、あくまでも脱毛の際の麻酔となりますから、保険は適用されず全額実費となります。

費用は数千円程度ですが、レーザー脱毛の度に麻酔をしていては最終的にかなりの負担増にもなります。

どうしても耐えられない場合は別ですが、身体に負担がかかることも考えると、安易に麻酔を打つのは避けたほうが良さそうです。

待合室で患部を冷やします

脱毛が終わると保冷剤を渡されるので、待合室でしばらく患部に当てることになります。
やはり私がカウンセリングの際に見かけた人達は脱毛治療が終わった直後の人で、このように保冷剤を使って患部を冷やしていたのです。

レーザーを当ててもらった部分ははっきりと分かるほど熱を持っていました。

軽い火傷をした状態というのはその通りで、若干ヒリヒリした痛みもあります。
そのため長めに保冷剤で冷やしておくことにしました。

十分ほど経ってから受付に向かい次回の予約を入れます。

次回の予約は1か月後

レーザー脱毛は一ヶ月以上の感覚を空ける必要があり、次回はひと月後になります。

そしてそのまま帰宅をしました。

その日は患部をゴシゴシ洗わないようにということで、シャワーだけにしてお風呂にはつかりませんでした。

その間も肌はヒリヒリしていたので、夜寝る際には買っておいた化粧水を付けて保湿をしっかりした上で床につきました。

しかし化粧水というものをこの時まで使ったことがなく、どうにもこうにも違和感があります。

つい洗い流したくなるのです。

しかしそれでは化粧水の効果が発揮されないとのことで、仕方なくそのまま就寝しました。

1回目のヒゲ脱毛では効果はわからない

実はそれから一週間たっても目に見えた効果というのは感じることが出来ませんでした。
もっとも、脱毛は何回か通うことが前提で、まだたった1回しか施術を受けていないのですから、効果が現れなくても何もおかしくはありません。

ある程度の時間がかかることを承知で施術を受けているので、この時も特に心配することはありませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.