> >

毛抜きによるヒゲの自己処理の危険性と脱毛の種類



濃いヒゲを気にしている男性は意外に多いですね。
また、カミソリやシェーバーで行う処理が面倒で脱毛を考える方も多いようです。

ヒゲ脱毛を行おうと考えた男性が一度はチャレンジしている脱毛方法、それは毛抜きによる脱毛なのではないでしょうか?
毛抜きによる脱毛が100%悪いというわけではありませんが、この脱毛を行うことにより弊害が生まれることも少なくはありません。
毛抜きによるヒゲの自己処理の危険性と脱毛の種類

毛抜きによるヒゲの自己処理のリスク

毛穴が開きっぱなしになる

毛抜きによる脱毛は、健康な毛を無理やり引っこ抜くという少々乱暴な方法です。毛穴は呼吸を繰り返しており、体毛の太さに合わせて大きさを調節しています。

そこで本来あるべきはずの毛が急になくなってしまったら、毛穴はいったいどうなるのでしょうか?
急な変化について行けずに開きっぱなしになりますよね?

そこで最も危険であるのが細菌の侵入です。
そしてもうひとつ。案外見落としがちな弊害も生まれます。

それは、いきなり毛穴がポッツカリと開いてしまったことにより、お肌の防衛機能が働き始めるということ。

開いてしまった毛穴をふさぎ、外部からの侵入者をブロックするために働く機能、それは皮脂の過剰分泌です。
それにより毛穴はふさがれることにはなりますが、今度はとんでもない脂性肌となってしまう可能性を秘めています。

これは、鼻の毛穴に詰まった角栓を無理やり絞り出してしまっても同じことが起こります。
一時的にお肌の表面は綺麗になったように見えますが、私たちの身体のメカニズムは私たちが考えている以上に精密にできており、身体に異変が現われた場合には身体の内部ですぐに危険に対する対策が講じられます。

毛抜きで脱毛を行った場合には、直後に消毒を行い細菌の侵入を防御するとともに、引き締めローションなどで毛穴を引き締め、皮脂の過剰分泌を避けましょう。

埋没毛ができやすくなる

埋没毛とは、表皮に露出している毛穴の表面がふさがってしまい、毛根から発毛した毛が内部に閉じ込められてしまう状態を指します。

なぜこのようなことが起こってしまうのかといえば、これもやはり身体が持つ防衛機能が働いたことにより、表皮と毛穴の保護体制に入るからです。

埋没毛はどこに起こりやすいということはなく、男性のヒゲ脱毛でも同様に起こります。

特に同じ場所の脱毛を繰り返していると埋没毛ができやすくなりますので、できる限り毛抜きによる脱毛は避けた方が無難であるということです。

では、できてしまった埋没毛に対しては、どのような処置を施す必要があるのでしょうか?
埋没毛はお肌の表面から目視でき、すぐに取り出せそうな気がします。

ところが、無理やり皮膚を傷つけて埋没毛を取り出してしまうと、毛穴そのものばかりではなく、その周囲の皮膚も傷つけてしまうことになります。

それで解決できることもありますが、そもそもの埋没毛の原因を考えるのであれば自己処理ではなく、皮膚科、美容皮膚科、形成外科で処置を受けることがいちばんです。

上記では自己処理によるヒゲ脱毛についてのお話をさせて頂きましたが、自己処理ではなくプロに任せたいというのであれば、「ニードル脱毛」、「レーザー脱毛」、「フラッシュ(光)脱毛」という方法があります。

メンズ脱毛サロンやクリニックでヒゲ脱毛をプロに任せる

ニードル脱毛とは?

ニードル脱毛とは、毛穴に直接針を挿入し、電流を流して毛根組織を破壊する方法です。

この方法は永久脱毛と呼ばれている方法であり、ひとたび脱毛を行った毛根からは二度と発毛しないというメリットがありますが、反面、「施術に莫大な期間を必要とする」、「費用が高額である」、「施術中に強い痛みを感じる」というデメリットも持ち合わせています。

特にヒゲ脱毛の場合には神経が多く通っている顔の施術を行うわけですから、強い痛みを覚悟しておく必要があるでしょう。

レーザー脱毛とは?

文字通り、脱毛個所にレーザーを照射して脱毛を行う方法です。
この方法はニードル脱毛と比較した場合に短期間で済み、目に見える効果が早いというメリットを持っています。

また、ニードル脱毛と比較した場合に費用が安価であるという点も大きなメリットではありますが、施術者の技術の差が現れやすく、効果もまちまちであることが多いようです。この施術もまた、多かれ少なかれ痛みを伴います。


フラッシュ脱毛とは?

これは特殊な光を脱毛個所へ照射し脱毛を行う方法であり、レーザー脱毛と比較した場合に効果の現れ方が遅いため、素早い脱毛をお望みの方には不向きです。費用はレーザー脱毛とほとんど変わりありません。この方法は施術中の痛みが比較的少ないということで、現在最も人気の高い脱毛方法となっています。

上記でご紹介した脱毛方法はおもに身体の脱毛に関して採用されているものですが、男性のヒゲ脱毛にも対応しています。

あとは施術を行う施設の選択ということになりますが、エステティックサロンと美容外科などの最も大きな違いは美容脱毛なのか医療脱毛なのかということであり、それぞれに使用する機器が美容機器と医療機器とに分類されているということです。

今回ご紹介した脱毛方法は痛みを伴うことが多いため、麻酔の使用を希望する場合には、医療機関である美容外科での脱毛となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.