> >

痛いのは苦手な方におすすめのヒゲ脱毛方法はコレ



ヒゲ脱毛をプロにお願いしたいと考えると、ニードル脱毛(電気脱毛)、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、3つの方法が候補にあがると思います。
おすすめのヒゲ脱毛方法はコレ
今回は、この3つの脱毛方法のメリット、デメリットを比較するとともに、「痛いのは苦手」という男性におすすめの脱毛方法を考えていきます。

自分にあった脱毛方法を選ばないと、途中で処理に挫折してしまうことも。
高額な申し込みをする前に、必ず目を通して頂ければと思います。


ニードル脱毛(電気脱毛)・フラッシュ脱毛・レーザー脱毛を徹底比較

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛のメリットは、照射の時の痛みが比較的マイルドなこと。
脱毛効果は、他2つの脱毛方法と比較してやや劣るものの、痛みが苦手な方にはイチオシの方法です。

1回に照射できる範囲も広いので、施術を受ける時間が短くてすむのも好印象。エステで施術をうけるため、心理的な障壁が低くてすむのも、特徴です。


レーザー脱毛

レーザー脱毛は、というと、フラッシュ脱毛よりもやや痛みが強い分、高い効果が期待できます。

クリニックに通って施術を受けることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、
肌トラブルが起きたときに、すぐに対応してもらえるのは、医療機関の大きな強みになります。

ほぼ永久に近い効果が期待できるので、コンプレックスが強い方にはおすすめ。

医療機関の施術になるので、麻酔を使って、痛みを押さえつつtヒゲ脱毛をお願いできるクリニックもあります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、一番本気の脱毛法、1本1本の毛穴に対して、針で電気を通して、処理をします。
毛穴1つづつに処理を行うので、施術に時間がかかる上、かなりの痛みが伴うのがデメリット。

また、細い毛穴をねらって針をさすということで、高い技術力が必要、コストが随分、お高めになります。

その分、最も高い脱毛効果が期待でき、「レーザーで効果を感じなかったから」、最終手段として検討する方もいるほど。

効果はピカイチである分、とにかく痛みが強い方法、かつ、エステで施術を受ける場合は麻酔を使用できないため、「痛みが苦手」という方には、積極的におすすめできない方法です。


3つの脱毛方法の特徴を考慮すると

痛みをなるべくおさえたい方は、「フラッシュ脱毛」、もしくは、「麻酔を使ってのレーザー脱毛」を検討することをおすすめします。

フラッシュやレーザーで1年〜2年、脱毛をしても思うような効果が得られない、となってはじめて、ニードル脱毛を検討しても遅くはないはずです。

どの方法でも多少の痛みは伴いますが、それは、シェーバーやカミソリ、自己処理をする場合でも同じこと。

また、痛みの感じ方は、人それぞれで、「試してみたら思ったほどでもなかった」という方も多々います。

あれこれ考えていても、なかなか前には進めません。

まずは、気軽にヒゲ脱毛を体験できる、トライアルコースに申し込み、自分自身で脱毛の効果、施術に伴う痛みの程度と自分との相性を検証してみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.