> >

着実にヒゲ脱毛を行うなら脱毛サロンが賢い選択



着実にヒゲ脱毛を行うなら脱毛サロンが賢い選択
脱毛の方法には

★脱毛サロン
★クリニック
★家庭用脱毛器

があります。

ヒゲの脱毛に適した方法はどれなのでしょうか?


脱毛サロンの光脱毛

脱毛サロンでは光脱毛でヒゲ脱毛を行うことができます。

光脱毛のメリットは

・広範囲を1度に処理できること
・脱毛にかかる時間が短いこと
・価格が安いこと
・比較的痛みが少ないこと

など。

数々のメリットがある光脱毛ですが、光脱毛の効果を問題視する意見もあります。

確かに、光脱毛は産毛などの細い毛が抜けにくいというデメリットを持っています。

このことは脱毛サロンも認めていて、契約時に顔の産毛などは抜けにくいという注意を受けることもあります。

ヒゲは濃くて太い毛なので、このデメリットに全く当てはまらず、しっかりした毛の脱毛が得意な光脱毛はヒゲ脱毛に適していると言えます。

レーザー脱毛よりも安価なので、総合的にヒゲ脱毛には最もオススメな方法です。


クリニックのレーザー脱毛

レーザーは「永久脱毛」を謳うことができる脱毛法ですが、勘違いしてはいけないのは「永久脱毛は、永久にムダ毛が生えてこない脱毛ではない」ということ。

米国電気脱毛協会では「脱毛が終了して一ヶ月後時点での毛の再生率が20%以下」の状態を永久脱毛と定義づけています。

じゃあ、光脱毛ならまた必ず生えてくるのかというと、そういうことではありません。
実際、10年前に光脱毛を行った部位のムダ毛処理を現在も行っていない女性は数多くいます。

レーザー脱毛最大の利点は脱毛効果の確実性です。
処理したいムダ毛を的確に処理することができます。

減点ポイントは痛み。
レーザー脱毛には鋭い痛みがあります。

ヒゲをレーザー脱毛した方の口コミによると、ヒゲを毛抜きで抜いたときのような痛みがあったそうです。

レーザーの出力は調整してもらえますが、涙が滲むくらいの痛みは覚悟する必要がありそうです。


家庭用脱毛器

自分のペースで脱毛できることがメリットの家庭用脱毛器ですが、もっとも注意が必要なのがコレ。

まず、「自分のペース」で脱毛していては脱毛完了までに、とてつもない時間がかかることになります。

家庭用脱毛器を効果的に使いこなすには、1週間に1回~2週間に1回程度確実に脱毛する必要があります。

このペースを守れないと、せっかく家庭用脱毛器を買ったのに効果が無い!と不満を持つことになります。

効果の面で、もうひとつ問題があります。

家庭用脱毛器は、最大出力でも素人が安全に使いこなせる程度のパワーしか出ないように作られていますので、光脱毛、レーザー脱毛、家庭用脱毛器の中で、いちばん効果が弱いです。

効果が無いというわけではありませんが、脱毛サロン、レーザーと比較すると脱毛効果を実感するまでに時間がかかります。

照射モレなどの技術的な不安もありますので、脱毛を初めて行う方にはあまりオススメできません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.