> >

UVケア必須!ヒゲ脱毛中に日焼けを避けるべき理由とは



クリニックでもエステでも、ヒゲ脱毛をしている間は、日焼けを避けるよう説明を受けると思います。
ヒゲ脱毛中に日焼けを避けるべき理由
言われた通り、日焼け止めを塗ってはいるものの、どうして日焼けがだめなのか、理由をきちんと理解できていない方、多いのではないでしょうか。

脱毛中に日焼けを避けるべき理由の詳細、今一度、きちんと復習をして、決意新たにUVケアに取り組んで頂ければと思います。


UVケア必須!ヒゲ脱毛中に日焼けを避けるべき理由とは

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、使用するマシンが異なるだけで、どちらも「メラニン色素に反応する光を照射して毛根にダメージを与える」という処理メカニズムは同じです。
メラニン色素に反応する、ということは、黒い色素に反応するということ。
日焼けをした黒いお肌だと、ヒゲの周りの皮膚にまで、光がダメージを与えてしまいます。
クリニックやエステによっては、出力パワーを調整の上、日焼け中でも脱毛をお願いできますが、パワーを落として照射をするということは、肝心の脱毛効果が低くなります。

さらに、日焼けをしているお肌は、乾燥していて、脱毛時の痛みが強く、肌トラブルを起こしやすいというデメリットも。

痛みに耐えて肌ダメージ覚悟で脱毛したのに、思うような効果が得られないばかりか、
お肌の炎症を招いてしまったとしたら、悲しいとは思いませんか。

男性ですから、毎日の通勤、接待ゴルフ、ヒゲ脱毛をしているからと言って、外出を控えるのは難しいと思います。


マスクを着用や日焼け止めをこま目に塗る

通勤の際にはマスクを着用する、アウトドアスポーツにどうしても参加しなくてはいけない時には、日焼け止めをこま目に塗る、等、できる限りのUVケアを心がけて頂ければと思います。

気をつけていても、あいにく日焼けをしてしまった、という場合は、エステやクリニックに施術の可否を相談して見てください。

場合によっては、「日を改めて」、一見消極的にも感じられる選択肢が望ましい場合もあるでしょう。

一日でも早くヒゲ脱毛を完了したい気持ちは最もですが、せっかく施術を受けるなら、万全のコンディションで、最も高い効果が期待できるシチュエーションで受けるのが理想的かと思います。

無理して施術を受けて、ヤケドや炎症、思わぬトラブルを招く事だけはないように、あなた自身も高い意識を持って、脱毛にトライして頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ヒゲ脱毛

Comments are closed.