> >

サロンに行く前に知っておきたいレーザー脱毛のリスクと対処法



どんなに医療技術が進歩しても、リスクがない治療はないように、レーザー脱毛にも副作用、トラブルが生じる可能性は否めません。

考えうるリスクを正しく知って、もしもの時にも迅速に対処できる体制、心構えを整えておくことが大切です。

そこで、メンズ脱毛で報告されている3つのトラブル事例と対応方法を紹介させて頂きます。

これから脱毛を検討している方も、今まさにクリニックに通っているというあなたも、自分の身を守るため、必ず目を通して頂ければと思います。
サロンに行く前に知っておきたいレーザー脱毛のリスクと対処法


レーザー脱毛のリスクとトラブル事例3パターン

それでは、リスクとトラブル事例を順番に見ていきます。


その1 レーザー照射後のヒリヒリ・赤み

レーザー光は皮膚や毛の黒い部分に反応してダメージを与えます。

そのため、周りの皮膚が炎症、軽度のヤケドを起こし、ヒリヒリした感じ、赤みが生じるケースが。

敏感肌の方だと、施術後数日、その状態が続くこともあるようです。


その2 皮膚の炎症・毛嚢(のう)炎

私たちの皮膚には、もともと雑菌のバリア機能が備わっています。

ごく稀に、レーザーの熱刺激によって、防衛機能がダメージを受け、そこから炎症、化膿といった症状を招くことがあります。

この状態が毛嚢(のう)炎と呼ばれるものです。

男性は、毛が太いので、女性より毛嚢(のう)炎を起こしやすいのが難点。
ひどい化膿までいかなくても、ニキビの悪化を招く可能性が考えられます。


その3 一時的に毛が増える・目立つようになる

はっきりとした原因は分かっていないのですが、脱毛をすることで、一時的に毛が増えたり、固くなったり。

「硬毛化」「増毛化」と呼ばれる現象が起こることがあるようです。

これは、レーザーだけでなく、フラッシュでも報告されている現象です。

多くの場合は、適切な頻度で、処理を続けることで症状は緩和しますが、毛をなくすために脱毛をして、逆効果になってしまったら、その瞬間は心が痛むと思います。

万が一の時に真っ青にならないように、「硬毛化」現象が起こることがあることを心に留めて置きましょう。



以上、3つのリスクをあげましたが、どの場合も異常を感じた時には、すぐに脱毛をしたクリニックへ問合わせをすること。

いてもたってもいられないようなら、直接出向いて、医師の診断を受けるのが賢明です。
エステと違いクリニックは、免許を持つ医師が常駐しているのが強み。

皮膚、美容の専門家に判断をあおぐことで、不安が少しでも払拭されることと思います。
怖いことばかりをお話してきましたが、どのリスクも確率論、「稀にこのような方もいます」というレベルのお話です。

過度な心配をする必要はありませんが、脱毛に挑戦する前に、頭の片隅に留めておいて頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.