> >

セルフで腕や脚のムダ毛処理を行う方法



近年、男性の美意識がどんどん高くなってきています。
腕や脚といえば女性に大人気の脱毛部位ですが、現在ではこの部位の脱毛を希望する男性も急増中なのだとか。
セルフで腕や脚のムダ毛処理を行う方法
腕や脚は自分で確認することのできる部位であり、セルフで処理を行う方も多いでしょう。
ですが、腕や脚は人目に触れる機会が多く目立つ部位であるため、できる限り失敗のない処理を行いたいものです。

セルフで腕や脚のムダ毛処理を行う方法には、カミソリやシェーバーで剃る、除毛クリームで除毛する、ワックスで脱毛するという方法があります。

カミソリ、シェーバーによる処理の注意点

刃物は劣化すると切れ味が悪くなる

当然の話ではありますが、刃物は劣化すると切れ味が悪くなりますので、常に新しい刃に交換しておく必要があります。また、簡易式のカミソリの場合には水洗いできないものもありますので、使用に際しては十分な注意を払いましょう。

刃物は表皮の細胞も削り取ってしまう特性

刃物は体毛だけではなく、多かれ少なかれ表皮の細胞も削り取ってしまう特性を持っています。カミソリやシェーバーを使用する際には、事前に専用のジェルまたはクリーム、オイルなどを塗布し、お肌を保護しましょう。

処理中には力を入れない

カミソリやシェーバーをギュウギュウお肌に押し付けると、それだけお肌は大きなダメージを受けます。お肌の上をそっと滑らせるような気持ちで優しく処理を行いましょう。

処理後には必ず保湿ローション

処理後には必ず保湿ローションをお肌に馴染ませ、お肌のダメージケアを行いましょう。処理直後はなんともなかったお肌であっても、処理後数時間または数日後に急な肌荒れを起こすことがあります。
これはいうまでもなく、処理後のケア不足が原因です。お肌のダメージを最小限に食い止めるには、処理後のケアがなによりも大切であることを頭に入れておきましょう。


除毛クリームによる処理の注意点

必ずパッチテストを

除毛クリームの成分はアルカリ質が大半を占めています。クリームを使用する前には必ずパッチテストを行い、お肌が過敏に反応しないことを確認しておきましょう。万が一過敏に反応してしまったら、クリームを皮膚科に持参し成分を調べてもらうと同時に、適切な処置を受けて下さい。

放置時間は必ず守りましょう

・放置時間は必ず守りましょう。コツとしては、放置時間となったらひとまずクリームを塗布した部分の一部をティッシュで拭い、除毛されているかどうかの確認を行います。除毛されていないようであれば1分単位で放置時間を伸ばして様子を見ます。

1日1回、最低3日のスパンを空けましょう

1回で綺麗に除毛が行えなかった場合であっても、1日1回以上のクリームの塗布はお肌に大きなダメージを与えます。再度クリームを使用するためには、最低3日のスパンを空けましょう。

ぬるま湯でしっかり洗い流す

ぬるま湯で十分に洗い流します。クリームの成分がお肌に残っていると、思わぬ肌トラブルの原因となります。お肌からヌルヌル感がなくなるまで十分に洗い流し、ボディソープや石鹸で洗います。

保湿

保湿ローションなどで保湿を行い、お肌を保護しましょう。

クリームが衣類に付着しないよう注意

クリームの使用中は、クリームが衣類に付着しないよう注意して下さい。クリームが付着してしまうと変色や劣化の原因となる場合があります。


ワックスによる処理の注意点

成分の確認を行い必ずパッチテスト

成分の確認を行います。脱毛ワックスにはさまざまな種類があり、現在では天然植物成分由来のお肌に優しい製品も販売されていますが、除毛クリームと同様、使用前には必ずパッチテストを行い、お肌に過敏な反応が現われないことを確認しておきましょう。

狭い範囲に分割して脱毛

狭い範囲に分割して脱毛を行います。脱毛ワックスは、ワックスに体毛を絡めて一気に剥がすという方法です。広範囲を一度に行ってしまうと剥がすときの痛みは相当なものですし、綺麗に脱毛を行えない場合があります。

放置時間を守り1週間以上のスパンを空ける

放置時間を超過した場合、ワックスがお肌に強く付着し、表皮まで剥がし取ってしまう危険性があります。放置時間は必ず守りましょう。また、除毛クリームと同様、同じ部分に関しては1日1回以上のワックスの塗布はおススメできません。ワックスの場合には1週間以上のスパンを空けて、次回の脱毛を行いましょう。

処理後には必ず消毒、冷却、引き締めローション

・処理後、毛穴は大きく開いた状態となっています。毛穴を健康な状態に保つため、処理後には必ず消毒を行い、冷却後に引き締めローションなどで毛穴を引き締めます。冷却にはタオルに包んだ氷の使用が簡単で便利です。



上記では腕と脚のセルフ脱毛についてお話をさせて頂きました。

少々面倒に感じる部分があるかも知れませんが、ムダ毛処理でお肌にダメージを与えてしまっては元も子もありません。
注意事項をきちんとまもり、安全な脱毛処理を行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.