> >

全て処理する?残してデザイン?胸毛脱毛で迷った時の判断ポイント



メンズ胸毛脱毛で多くの人が直面する悩みが、全て処理する?減毛に留めておく?という点。

毛を全く残さないよう、エステやクリニックで、完璧に処理をすませておくと、コンプレックスに悩まされる必要がなくなり、清潔感は抜群です。

その反面、男らしさ、ワイルドさを重視する男性にとっては、やや頼りない、寂しい印象になってしまうのも事実。

どちらが自分に合うのか、そしてどちらがモテるのか、判断に悩む男性もいることでしょう。

そんなあなたのために、女性の立場から考える胸毛脱毛のデザインで迷ったときの判断ポイント、こっそりご紹介いたします。清潔感をプラスしつつ、より女性受けする胸毛のポイント、見逃さないで下さいね。
全て処理する?残してデザイン?胸毛脱毛で迷った時の判断ポイント

胸毛の脱毛、全て処理する?残してデザイン?

胸毛脱毛のデザインを選ぶにあたって考慮すべきは、『顔の濃さ』。
彫りが深くて、外国人顔かつ整った顔のメンズなら、減毛で適度な量の毛を残してもしっくりきます。

タレントだと、竹内豊さん、TOKIOの長瀬智也酸なんかを想像してもらうと分かりやすいはず。ヒゲが似合う人は、概して胸毛も似合う、と、考えて頂いてもいいかもしれません。

脱毛回数を調整したり、期間の調整をしたり、お店によって手法は様々ですが、脱毛クリニック、エステでも、デザイン性を重視した減毛に対応してもらえます。

理想の状態を最初に正しく伝えて、イメージ通りの仕上がりを目指してください。

反対に、顔が薄くて、典型的な日本人顔。そんなメンズは、胸毛をきれいに処理してしまって、清潔感を出したほうが、女性に好感を与えるはず。自己処理でも、ケア可能ではありますが、数日に1回継続的にお手入れをするの、結構面倒だと思います。

「もう一生胸毛はいらない」、そう決心したら、永久脱毛に挑戦するのも良いでしょう。
年齢が進んでから脱毛を検討すると、胸毛に白髪が混じるので、痛みが強いニードル脱毛しか選択肢がなくなります。「脱毛を考えるなら、胸毛に白髪が混じり始める前。

遅くとも30代後半までには」、そう、強く認識しておくことをおすすめします。

女性の立場から考える勝手な意見ばかりを申し上げましたが、少しでも「モテたい」と考えるあなたにとっては、胸毛は死活問題。

重要性を認識して、少しでもあなたの理想の状態に近づくことを願います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.