> >

涙目になる男性も。脱毛するなら覚悟したい処理時の痛み



男性の毛は、女性と比較して、太くて濃く、毛根がしっかりとしています。
それゆえ、処理時には、大きな痛みが伴うことも。

エステやクリニックの広告で「チクッとした痛みを感じる程度」「輪ゴムではじかれた時のような痛み」と表現されることがありますが、実際はそんなレベルではないようです。
涙目になる男性も。脱毛するなら覚悟したい処理時の痛み
今回は、メンズ脱毛するなら知っておきたい処理時の痛みについて、紹介します。

先の首相も言っていました。「痛みに耐えて」がんばって、ようやく「感動」が産まれるものだと。

メンズ脱毛も例外にあらずです。

男なら理想の自分に向かって痛みに立ち向かう覚悟を固めてみてはいかがでしょうか。


フラッシュ・ニードル・レーザー 施術方法による脱毛の痛みを比較

結論から述べてしまうと、どの施術方法を選択したとしても、それなりの痛みは感じるようです。

一般的に痛みが強いと言われる順番に並べ直すと、

ニードル>レーザー>フラッシュ

毛の1本1本に対して針を指しダメージを与えるニードル脱毛が最も痛みを強く感じ、次いでレーザー、フラッシュと言われています。

また、フラッシュ脱毛が、最も痛みを感じにくいというのは、あくまで比較論での話し。
ヒゲ脱毛に挑戦しようと、メンズエステを訪問して、トライアルで苦痛に耐えられず泣く泣く断念、という男性もいるようです。

どの方法を選択しても、一定レベルの痛みを覚悟する必要があることだけは、正しく認識してください。


クリニックで施術を受けるなら麻酔で苦痛を和らげる手も

痛みに耐えられなくて脱毛を諦めかけている方におすすめなのが、クリニックで麻酔を使い、施術を受ける方法です。

麻酔と一口に言っても、クリームを塗るだけのタイプから、「笑気麻酔」と呼ばれるマスクをつけて頭をぼんやりさせ感覚を緩和するもの、麻酔注射まで様々。

一回あたり、数千円の追加費用がかかりますが、それで苦痛が軽減されるなら、安い出費だとは思いませんか。

麻酔を使ったからと言って、痛みがゼロになるわけではありませんが、「麻酔をしたから大丈夫」気持ちの面で励まされるものがあるはずです。

クリニックのスタッフ、先生とも相談しつつ、無理のない選択をして頂ければと思います。

脱毛の痛みは、メラニン色素や毛根にダメージを与えている時に生じるので、効果が期待できる証拠でもあります。

また、脱毛が進むに連れて、毛が細くなっていくため、痛みはだんだん和らいでいきます。

「我慢」と「無理」の境界線を見極めるのは難題ではありますが、理想の状態に向け、根気づよくケアを続けていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.