> >

男性のすね毛処理用としての脱毛器の選び方



カミソリや毛抜き、テープで処理が好ましくないと分かっていても、メンズエステに通うことに抵抗を感じる男性、多いと思います。「自宅でキレイに処理できる方法があればいいのに」、そう考えている方もいることでしょう。

そんな男性にオススメの脱毛法は、家庭用脱毛器を利用した処理。

ヒゲやデリケートゾーン、トラブルが起きやすい部位は、プロにお願いするとして、すね毛のケア程度であれば、家庭用脱毛器でも、十分対応可能であると考えます。

参考までに、男性のすね毛処理に検討可能な脱毛器と特徴をまとめてみました。

ホームケアでなるべくキレイな仕上がりを目指す方、是非参考にして頂ければと思います。
男性のすね毛処理用としての脱毛器の選び方

男性のすね毛処理用脱毛器の選び方とおすすめ脱毛器ピックアップ

男性の太い毛を処理するには、それなりの脱毛力が必要です。ただし、脱毛力と処理時の痛みは表裏一体。痛すぎて脱毛が続かない、そんなリスクをヘッジするため、レベル調整ができるマシンを選択することをおすすめします。

脱毛力、レベル調整機能、2つのポイントをクリアできる脱毛器は以下2つ。


おすすめ脱毛器1  家庭用脱毛器ケノン

ケノンは、脱毛パワーと照射面積が広いことが特徴の家庭用フラッシュ脱毛器。
10段階のレベル調整ができるので、無理のないペースでケアできます。

税込98,000円が定価ですが、ほぼ通年で割引キャンペーンを実施しているので、実際には7〜8万で購入できるはず。1台購入しておけば、すね毛の後、脇や腕の脱毛も可能です。


おすすめ脱毛器2 IPL脱毛器LAVIE(ラヴィ)

ケノンと同じくフラッシュ脱毛器の「ラヴィ」。
税込49,000円と本格的な脱毛器の中では手頃な価格ながら、しっかりとした脱毛力を備えています。

7段階のレベル調整が可能で、無理のない脱毛を実現。コンパクトタイプ・よりお手頃価格の「ラヴィドゥー」も発売されていますが、メンズに対応できるパワーがあるかは不安です。

せっかく購入するなら、正規版「ラヴィ」を検討頂くことをおすすめします。


有名どころの脱毛器のNG理由

さいごに、有名どころの脱毛器のNG理由を少し紹介させて頂きます。

まず、「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」は、脱毛力には優れているものの、とにかく処理時の痛みが強い。女性でも、痛みで脱毛を断念する方、多いと聞きます。

メンズの太い毛に照射をしたら、何倍もの痛みが伴うはずです。セルフケアは、自分との戦い。あえて、苦しい戦いに挑戦しなくてもいいような気がします。

テレビショッピングでよく見かける「ノーノーヘアフォーメン」は、そもそも脱毛器ではなく、「除毛器」なので、もってのほか。少し高性能なシェーバー、位の実力しかありません。

繰り返しですが、男性のすね毛脱毛には、「ケノン」もしくは「LAVIE」。
お財布事情が許せば、より高い効果が得られる可能性が高いのは「ケノン」の方だと思います。

安価な類似商品に惑わされて、無駄な出費に後悔することがないように、十分注意して頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.