> >

男性の体毛はなぜ太い?



頭髪は女性ホルモン、体毛は男性ホルモンの影響を受けて発毛するという話はよく知られていますね。
ですが、男性の体毛が女性の体毛と比較した場合に太めであるということはあまり知られていないのではないでしょうか?
男性の体毛はなぜ太い?
男性の体毛はなぜ太い?
実はこれ、毛穴と大きな関係があるんです。

私たちの身体の毛穴の数は生まれつき決まっており、生まれた直後では男女ともに毛穴に大きな変化は現われていません。

ところが成長段階で、男女の毛穴には大きな違いと変化が現われてきます。
そのカギは、10代の思春期に分泌が多くなる男性ホルモンが握っています。

実は、男性ホルモンは皮脂の分泌と体毛の発育に大きな影響を及ぼすんです。

たとえば、10代の女性に多く見られるのが顔の産毛や鼻の下など、毛深くなっては困る部分の毛が濃くなるというもの。これはいうまでもなく、男性ホルモンの過剰分泌によるホルモンバランスの崩れが原因となっています。

また、妊娠中の女性の体毛がお腹周りを中心に濃くなることがあり、これもホルモンバランスと大きな関わりを持っていますが、もうひとつ、お腹の赤ちゃんの保温、そして外部からの衝撃に対するクッションの働きを目的として濃くなっています。

このような場合には、ホルモンのバランスが安定すれば自然に解消できるものですので心配はありません。

ところが、男性の場合ではまた話が別です。

男性ホルモンの分泌は10代の思春期にピークを迎え、その後は安定して行きます。

そして20代を迎えた頃には、男女ともに骨格が決定し、女性は女性ホルモン、男性は男性ホルモンの分泌の割合が増え、男性の場合では皮脂の分泌や体毛の発育などが旺盛になります。
ここでひとつ、考えて頂きたいことがあります。

皮脂の分泌が増えて毛穴が広がるから体毛が太くなる

皮脂の分泌が増えると、毛穴はどのような反応を起こすのでしょうか?
正解は、”大きく広がる”です。

汗も同様ですが、私たちの身体は体内で分泌された成分を体外に逃がし、体温の調節を行っています。そのためには毛穴を広げ、分泌物を外部に逃がしやすい環境をつくる必要があるということ。

すると今度は、大きく開いた毛穴から細菌が侵入しやすい環境となり、それを防御するために体毛が太くなるということなんです。

体毛が太くなるということは、発毛の元である「毛乳頭」も大きく発育するということであり、これが男性の脱毛の妨げになることも少なくはありません。

一般的に、男性が脱毛を行う際には女性より痛みの度合いが大きいという話を耳にしますが、これは「毛乳頭」が大きいためであると考えることができます。

また、「毛乳頭」は脱毛を行ったとしても消滅するものではなく、発毛の準備が整い次第、すぐに毛穴から新しい体毛が露出してきます。
つまり、完全に体毛が生えてこない状態を目指すのであれば、永久脱毛である「ニードル脱毛」以外に方法はないということになります。

上記では体毛が生えてくる能書きについてお話をさせて頂きましたが、体毛が生えてくる、太くなるというメカニズムを知っておくことにより、脱毛後のケアがいかに大切かということもご理解頂けるのではないかと思います。

特に男性の太い体毛を脱毛した直後には、毛穴が大きく開き、細菌が侵入しやすい状態となります。
脱毛後には必ず毛穴の消毒を行い、冷却を施して毛穴を引き締めることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.