> >

自宅でできる、ヒゲの処理方法



男性は、濃いヒゲに悩まされることが多いもの。でも、エステに通いたくても仕事が忙しくて時間がとれず、なかなか難しいことも多いでしょう。

そんなときは、やっぱり自己処理! うまく剃るためのコツをご紹介します。
自宅でできる、ヒゲの処理方法

まずはプレシェーブ。ヒゲを柔らかくしよう

ヒゲを剃るときにカミソリ負けするのは、ヒゲが固すぎて余分な力がかかってしまうからです。あらかじめプレシェーブをしておき、コンディションを整えましょう。
また、カミソリの刺激から肌を守るためにも、欠かすことのできない作業です。


上手なプレシェーブの仕方

1.まずは洗顔。ぬるま湯で表面の汚れを落としたら、洗顔料をよく泡立てて包み込むように洗います。最後に、洗顔料が肌に残らないようしっかりとすすいだら終了です。余分な皮脂が落ちることでヒゲがピンと立ちやすくなり、うまく剃ることができます。
2.洗顔後の肌に化粧水をなじませ、肌を乾燥から保護します。
3.泡立てた石けんか、プレシェーブローションをなじませます。シェービングブラシを使うと、石けんがよく泡立ち、毛穴の奥の汚れをかき出す効果も期待できます。また、マッサージ効果で血行がよくなり、新陳代謝が高まります。


肌に負担をかけない剃り方

プレシェーブが終わったら、次はいよいよ剃っていきましょう。
カミソリを肌にあて、ヒゲが生えている方向に沿って手を動かします。逆の方向に剃ったほうが深く処理できるような気がしますが、肌を傷めてしまう危険性があるのでやめましょう。

ある程度全体を剃り終わったら、鏡で剃り残しがないかどうかをチェックします。
もし、まだ残っているヒゲがあったら、ここで初めて逆剃りをするのですが、一度目と同じようにシェービングローションか石けんの泡で肌を保護しながら行ってください。


“剃る”ことに抵抗がある場合

肌の弱い人は、どんなに気を付けていてもカミソリ負けしてしまうことがあります。

でも、ヒゲは毎日生えてくるので何もしないわけにはいかないし、困っている人も多いのではないでしょうか?

もし、時間やお金に余裕があればエステでプロの脱毛を受けるのがおすすめですが、自宅でどうにかしたいという場合は、抑毛ローションでヒゲが生えるスピードを抑えるという方法もあります。

ただし、使い始めてすぐに効果が表れるわけではないので、別の方法でヒゲの処理をしながら、時間をかけて使っていきましょう。


まとめ

男性にとって、ヒゲの処理は頭の痛い問題です。少しでも肌への負担を軽くし、きれいに剃るためには、事前にしっかりプレシェーブをしておきましょう。

また、剃り終わったあとは全体をざっと洗い流し、再びローションを塗っておくとうるおいを保つことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.