> >

クリニックですね毛脱毛をすることを決意



私はヒゲが濃いことはもちろんですが、それ以上にすね毛の濃さでも悩んでいました。
クリニックですね毛脱毛をすることを決意
すね毛はとくに夏などになり、ハーフパンツなどをはいた時に初めてあらわになります。人からは大抵驚かれるほど濃いので、これが昔から自分のコンプレックスの一つでした。
他人から指摘されるのが嫌なこともあり、夏でもジーパンを履くようになりましたし、海やプールなどにもすっかり行かなくなってしまいました。

こういうことを言うと、赤の他人は自分が思っているほど自分のことを気にしていない、と言われることも多いのですが、やはり他の人の視線がすねの方に向いているとどうしても気になってしまうのです。


すね毛を全部剃ってしまったのは失敗だった

すね毛が昔から濃かった私は、一度学生時代にすべてのすね毛をカミソリで剃り落としてしまったことがありました。

一旦剃り落としてしまえばツルツルになるはずですし、これで私ももじゃもじゃすね毛とはおさらばだと思っていたのですが、それは結論から言うと大失敗でした。

すね毛にかぎらず髪の毛の先を切ってしまうと、毛先が尖ってしまいかえってチクチクしてしまうのです。私はすね毛のすべてを剃り落としてしまったので、もはやどうしようもありませんでしたし、ただただ毛が生えてくるのを待つしかありませんでした。

毛が生え終わった後も元通りになるとは限りません。

毛を切る前は毛先は丸かったのに、カミソリを使って剃ってしまったために毛先が鋭くなって何をするにもチクチクしてしまったのです。

どうやら一旦剃り落とした髪の毛のチクチクを回避するためには、毛先をライターか何かで燃やすのが良いそうですが、高校生の私にはそんな勇気もなく仕方なくそのまま放置をしていたという状態でした。

そのように自分ですべてのすね毛を剃り落としてしまうほど、すね毛に対してコンプレックスがあったことは間違いありません。

将来的に何とかしたいとは思いつつも、エステやクリニックに行くにもお金がかかりますし、未成年ですから親の同意書が必要になると考えると、とてもではないですが親の同意など取れるような家庭環境ではないことも悩みの種でした。

そこで20歳になったら自己責任ということで、自分に対する投資をしようと思っていたのです。

私の体にはいろいろなコンプレックスが存在していましたが、中でもすね毛に対するコンプレックは最優先のものでした。

すね毛がでているとおちおち外にも出歩けませんし、銭湯やプールなどでも恥ずかしい思いをするからです。


クリニックですね毛脱毛

いろいろと事前に調べてみたのですが、やはりすね毛脱毛にかぎらず脱毛一般についてはクリニックで行ったほうが良いということが分かりました。

クリニックの他にはエステ店でも脱毛ができますし、料金的にもエステ店のほうが安いのですが、エステティシャンが施術を行うエステ店よりも医師や看護師が施術を担当するクリニックのほうが、安全性や確実性といった要素を考えると優れていると思ったからです。

そこでまずはすね毛脱毛ということで、近くのクリニックに行くことにしました。

そのお店には会社の先輩が通っていたこともあり、評判も聞いていたのと会社から近かったのでちょうど通えるような立地が決め手でした。

すね毛脱毛自体は痛みが強いと言われていますが、その後にしたヒゲ脱毛のほうが正直痛みはありました。

すね毛はヒゲよりも薄いことが多いですし、感覚器官も顔の部分よりは鈍感だからなのかもしれません。

クリニックでのすね毛脱毛は月1回で、これを数回行うわけですので、最低数ヶ月はかかることになるのですが、根気よく付き合っていくことがコンプレックス解消の第一歩になると信じて頑張りたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.