> > >

顔とのギャップが辛い、濃いムダ毛



ムダ毛は、女性の問題だと思われがちですが、男性においても大きな問題になっているようにかんじます。

私の場合、顔が童顔であるのに、髭やすね毛が濃いということがコンプレックスのひとつとなっています。
xzfasdf
しかも、それは小学生からでした。

その時に周りからすね毛が濃いことを指摘されて以来、脚を人前に出すことに抵抗を感じる様になり、体育のときなどはとても苦痛でした。

夏の暑い日でも、長いパンツを毎日はいていたことを思い出します。

最近は夏のファッションでショーツがはやっており、男性でも脚を出すことが多くなっているように感じます。

ショーツはファッションだけでなく、単に涼しいという点で、夏に取り入れたいアイテムであるのですが、やはり濃いすね毛と顔とのギャップが気になっており、なかなか手を出すことができないでいました。

剃るなど、処理しようとは何度も考えました。しかし、濃いすね毛が生えたままの男性に嫌悪感を示す女性、すね毛を剃ってつるつるの脚をしている男性に嫌悪感を示す女性の両方のひとがいるらしく、どうしたものかと考えていました。

ついに決心。すね毛を剃る

しかし、やはり、顔とのギャップが気になったため、ついに決心をし、剃ることにしました。

剃ってみると、今までの悩みが嘘のように感じました。

さっそく脚を出すファッションをしてみると、すね毛を剃っていることを指摘する、すね毛を剃る男に嫌悪感を示す女性が多いことに気付きました。

私の脚を見て、女性同士でこそこそ話していました。それ自体も結構気になりましたが、顔と濃いすね毛のギャップという一番の大きな悩みから解放されたことはたいへんうれしいことでした。


でも、1日程度しか続きませんでした

しかし、それもたった1日程度しか続きませんでした。

次の日にはまた生えてきているため、結構ちくちくします。

また剃らなくてはいけないし、それを続けているうち、埋没毛も出来てしまい、結局ショーツをはき、脚を出すことは諦めてしまいました。

すね毛が生えたまま、脚を出すことはもちろんいやなので、サロン等での脱毛も考えてみましたが、脱毛にも多くのお金がかかるため現在も実行に移しておらず、どうすればよいのか、今もわからないでいます。

濃いすね毛が生えたままの脚を女性にみられることで引かれてしまうのではないか、というおもいが頭の中にうかんでしまい、なかなか、女性にアプローチする自信がもてないでいます。

やはり自分のコンプレックス以上に女性からの目がとても気になることが濃いすね毛のおおきな悩みです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.