> > >

【20代独女の偏見】ぜひ男性に処理してほしい脱毛部位4選



20代後半独身女、相手に贅沢を言える立場ではないことは重重承知。

それでもあえて、「ぜひとも処理して頂きたい」と感じるメンズの脱毛部位3つを、ピックアップしてお伝えさせて頂きます。
【20代独女の偏見】ぜひ男性に処理してほしい脱毛部位4選
関心を持って頂いた貴方だけ、先を読み進めてみてください。


1.強面タイプはヒゲ脱毛で爽やかに

無精ヒゲ、青くぶつぶつしたヒゲが目立つ人はもちろんのこと、強面タイプの方にもヒゲ脱毛をおすすめします。

女性にとっては、ヒゲをはやしている男性、どうしても少し迫力を感じます。

ただでさえ強面なのに、ヒゲが生えている人を目の前にした時の感情と言ったら、最早言葉では言い表せない程。

見た目だけで人を判断してはいけないことは分かっていても、第一印象は大切です。

特に、これからお見合いを控えているあなた、結婚前提の交際相手を探しているあなたは、ヒゲをすっきりとして、爽やかフェイスにイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。


2.日本人なのに胸毛が濃い必要はあるのか?

私個人だけでなく世の多くの女性が、濃い胸毛には不快感を覚えるようです。

ジローラモよろしくのイタリア人ならともかく、大きく開いたシャツの胸元から覗く胸毛、果たして日本人に必要でしょうか。

完全にツルツルの状態にまで処理をする必要はないにしても、脱毛エステで間引く、薄くする等、工夫して、適度な量に整えておくことが、モテる男性の秘訣なのかもしれません。


3.腕毛・すね毛は多すぎても処理しすぎてもダメな部位

夏のデート、Tシャツを着ている彼の手が毛だらけだったら、腕を組むのを躊躇します。

濃すぎるすね毛も、一緒に街を歩いていて、恥ずかしいのでNG。

ただし、この2つの部位に関しては、女性である私たちよりもきれいに処理されてしまうと複雑な気分になるもの。

「毛深いのがコンプレックスなのに、彼の腕がツルツルでショックを受けた」、そんな経験がある女性もいるようです。

「適度」のレベル感、女性一人一人で異なるので、どこまでケアを進めるか、迷いどころではありますが、少なくとも「自分は毛深い」と自覚がある男性陣は、メンズエステに相談してみることをおすすめします。

他、耳毛や鼻毛、細かな部位まであげ出すと切りがなくなります。
セルフケアで処理可能な部分は自分でケアを、難しければ脱毛を、上手に使い分けをしつつ、男をあげる毛の処理を検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.