> > >

女性はあなたの体のココを見ている!



おしゃれ感覚でエステサロンに通い、脱毛を受ける男性が増えてきましたが、その動機としてはやはり「女性に気持ち悪いと思われたくない」というものが少なくありません。

もじゃもじゃと生えているムダ毛は男らしさの象徴でもありますが、どうしても受け入れられないという女性も多いものです。

特に、ある部分のムダ毛は絶対にNG! さて、それは一体どこなのでしょうか?
女性はあなたの体のココを見ている!

指先は、よく目につく場所です。そのため、ここにびっしりとムダ毛が生えていると、それだけでなんとなく嫌悪感を感じてしまう女性もいます。

また、こまめに剃っていると毛の断面が太くなり、毛穴もブツブツして肌が汚く見えてしまうケースもあるので要注意です。


顔のヒゲ

顔も、ムダ毛がよく目立つところです。濃い人になると、きちんと剃っているのに剃り跡が青々として目立ってしまうので悩みが尽きません。

また、剃るときに毛穴からバイキンが入り、炎症を起こすこともあります。カミソリを使う場合は、手がすべって皮膚が切れてしまう危険もあり、きれいな状態に保つことが難しい場所です。


胸元

シャツのボタンを外したときや、水着姿になったとき、とても目立つのが胸毛です。そして、胸毛ほど女性に嫌がられるものもありません。もじゃもじゃとした見た目がどうにも我慢できないのです。

中には「ワイルドで素敵」と思う人もいますが、多くの場合、胸毛があるというだけで恋愛の対象にすらならないことが少なくありません。

特に、顔立ちが薄い人は要注意。濃い顔なら胸毛も似合うのですが、薄い顔と胸毛はなんともミスマッチで、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。


ショートパンツや水着を履くときに目立つのが脚です。多少のムダ毛ならあまり気にならない場所ですが、濃くて量が多いとやはり嫌がられます。
すねの部分だけではなく、素足になるときは指の毛までしっかり脱毛しておきましょう。


目立ちやすい腕も、きちんと脱毛しておきたい場所です。特に、半袖の季節は要注意。満員電車で腕と腕が触れ合ったときの感触が嫌だと感じる女性も多く、ただ見た目が悪いだけではなく、エチケットとしてもお手入れは必須なのです。

処理をするときは、手の甲の部分も忘れずに行いましょう。清潔感が大切な飲食店勤務・接客業の人は特に気を付けてください。


へその下

水着を着るとき、へその下の部分から陰部にかけて濃い毛がもじゃもじゃと生えているのはNGです。場所が場所だけに陰毛の延長として見えてしまい、不潔な印象を与えます。


まとめ

男性のムダ毛が濃いのは、ホルモンの関係である程度は仕方ありません。しかし、周囲の人に不快感を与えるほど濃いとなるともはや自分だけの問題ではなくなってしまいます。近頃では男性のムダ毛処理をしてくれるエステサロンも増えてきたので、こまめにお手入れをしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.