> > >

胸の毛、ヒゲ、指のムダ毛。すべて苦手です



男性が脱毛処理していると聞くと、昔は「キモっ」と、思っていた。そんなことするなんて、軟弱な男で、オカマ~とか思っていた。
胸の毛、ヒゲ、指のムダ毛。すべて苦手
それは、きっと私の周りの男性がムダ毛の無い、キレイ男子ばっかりだったからではないだろうか。

そう言うと、聞こえが良すぎるが、ムダ毛の濃い男性が父を始め、周りにいなかったからであろう。

大人になり、世間と言う物を知ってからは、やはり濃い毛の男性を目にするようになり、やはり「抵抗」を感じるようになってきた。


指のムダ毛

まず、苦手!!と、感じたのは、指のムダ毛。

確かに私も生えます。しかし、あの毛は、まさにムダ毛でしょ~と、思わずにはいられない程のボウボウぶり。


胸の毛、乳首周りの毛

次に苦手!!と、感じるのは胸の毛。詳しく言うと乳首周りの毛。

多すぎ!ダメ!

仕方ないと思います。でも、公衆の面前で…例えば海やプールでその毛を大っぴら気に堂々と見せまくるのは違反だと思います。

しかし、男性は、どう処理していいか分からないんでしょうね。

毛深い男性が、妻に言われたのでしょうか、すね毛を剃っている。剃っているのが分かる。何故かと言うと、チクチクと生えてきているから…。

きっと、貴方のその毛質、毛量からすると、毎日でも処理しなければ間に合わないはず。でも、毎日なんてやっていられないはず。

努力しているのに…残念。

最近、若い男性はワキの毛を処理しているとか。

毛が多すぎて、菌が発生し、匂いが強くなっていしまうのならば、その行為は正しいと思う。

ワキの毛が苦手とか、どうとかより、ワキガは他人に迷惑になってしまうので、まずはその処理からして欲しいものだし。


ヒゲ

毛で苦手なのがもう一つある。それはヒゲ。

どんなヒゲでも苦手!!

ハイジのおんじのヒゲもイヤだ。

主人の無精ヒゲ…超イヤだ!でも、肌の弱い主人は、なるべく剃りたくない…と。
土日は、確実に剃らない。

しかし、主人はひっつきたがる。私の肌にそのヒゲが当ろうものなら、それは一種の「凶器」になる。

痛い!痛すぎる!!

針が何本も何本も刺さったように痛い!私の肌が痛むのではないかと、思わずにはいられない。

あの凶器が有る限り、キスはイヤだ。キスがイヤだから、ヒゲがイヤ…と、言っているかも知れないが。

と、言っても、あの痛さは耐えられない。

月曜日、朝起きて、まずはヒゲ剃り。

すっきりと、爽やかに、ツルツルになった顔を近づけてきては、「これでチューできるやろ~」と、うれしそうに言う主人を無視する私。

3歳の娘とチューして、喜んでいるので、それで満足であろう。

この、ヒゲ…世の中の男子にもヒゲ面が多々といるが、苦手と思っても、耐えなければ世間では生きていけない。

なるべく じっくり見ないようにこれからも生き続けていくしかない。

主人のヒゲも、なるべく伸ばさせないように、剃り心地抜群のカミソリ、電動ヒゲ剃りを渡しておくしかない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.